• TEL 092-711-8878
  • WEB予約
  • FACEBOOK
  • Instagram
  • Youtube
  • soho wedding
  • tel 092-711-8878
  • WEB予約

リンク

美容室の開業資金の融資を受けるまでの流れ

images

美容室の開業資金の融資を受ける場合、まずは金融機関に融資の申し込みを行います。政府系金融機関の開業資金制度の場合を例に述べると、融資を申し込む際は、借入申込書、企業概要書、施設・設備の概要がわかる書類の提出が必要となります。施設・設備の概要がわかる書類とは、見積書や美容室内部の図面、施設周辺の地図などです。この他にも、不動産を担保として提供する場合は不動産登記事項証明書が、申請者が法人の場合は履歴事項全部証明書が必要になります。また、希望の融資額が300万円を超える場合には、推薦書もしくは振興事業に係る資金証明書と呼ばれる書類が必要です。ケースによってはこの他にも提出を求められる書類があるので、融資の申し込みをする際には、この政府系金融機関に相談すると良いでしょう。
金融機関に書類を提出した後は、適当な日時に面談が実施され、事業計画や融資実施後の資金の使途などをたずねられます。このとき、営業計画がわかる資料や、資産額や負債額がわかる書類を金融機関の担当者に提示する必要があるので、忘れずに準備しておきましょう。
面談が終わると本格的な審査に入り、審査に通過した場合は、契約手続きに必要な書類が金融機関が送られてくるので、必要事項を記入して来店もしくは郵送で提出します。そして、金融機関が提出を受けた書類を処理し、契約手続きが完了した後に融資が実施されます。融資が実施された後は、契約で定められた期間の間、借りた資金の返済を行っていくことになります。